■社会貢献活動 

 平成26年8月10日(日)に開催された,「社会貢献セミナー」にてTOSS熊本代表の椿原正和氏は次のように言われました。​

 学校の役割は大きく分けて二つあります。
 一つは、「子どもに学力をつける」ことです。もう一つは「生き方を教える」ことです。
 生き方とは、人の役に立つ生き方のことです。つまり社会貢献です。個人主義がもたらした弊害は大きいです。
 今、子どもたちに社会貢献を教えていく必要があります。ところで、社会貢献活動をしない公務員は教師だけといわれています。教師自身が社会貢献活動をしていないと、子どもに教えることは出来ません。平成26年7月に開催された全国知事会でも、公務員が地域に出て社会貢献活動を行うことを奨励されています。
 従来の学級王国スタイルでは限界がきています。教師自ら学校を飛び出して様々な人と連携し、ダイナミックな実践をしていくことが大切です。
 社会貢献活動ができる教師が、今求められています。

 私たちTOSS広島の教師も,広島の地で広島の子供たちの健全育成に寄与しようと,社会貢献活動を行っています。

■具体的な取組 

親学の推進

 親としてどうあるべきか。子育てにおいて大切なことを学ぶことを通して,学校教育や家庭教育において,大切なことを学んでいます。

五色百人一首広島県大会

 五色百人一首大会は,学級・学校の枠を超えて五色百人一首の腕を競い合って楽しく交流できる大会です。TOSS広島では,2月に五色百人一首大会を広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)で開催しています。
・五色百人一首を通して他校の児童との交流を図り,児童の健全育成に努める。
・五色百人一首に取り組むことで,伝統的な言語文化を尊重し,国語と郷土を愛する心を育てる。
という趣旨で開催しています。

五色百人一首教室

 東広島市,広島市にて月に1回程度,五色百人一首教室を行っています。

目指せ!広島県子ども観光大使

 観光立国の基本理念である「住んでよし,訪れてよしの国づくり」の実現のため,観光に対する興味や理解を教育の早い段階から促し,地域の魅力を発信できる担い手の育成し,児童の健全育成に努めることを目的として,年に6回程度教室を開催し,認定条件を満たした児童は,広島県子ども観光大使として認定しています。

Please reload